新築祝いの贈り方について

新築祝いのお返し

新築祝いのお返し

新築祝いを頂いたら、お返しとして内祝いをする事になります。それでは新築の内祝いの場合は金額がどれぐらいなのかと言うと、贈って頂いた品の半分程度の額から3分の1零度だとされています。
それでは具体的にどのような品を贈ればいいのかと言うと、タオルや石鹸等の実用品は贈られても困ると言う場合は少ないと言えます。保存のきくお菓子等の食品を贈るケース等もあるようです。
また、縁起の悪い物は避けた方がいいので、その詳しい内容等についてはチェックをしておく事をおすすめします。贈る相手の趣味等も考慮したりする事も大事だと言えます。
例えば、カタログギフトを贈ると相手の方に自分の欲しい物を選んで頂けるので、便利だったりします。また、気になるのが内祝いを送るタイミングです。
口頭でのお礼の言葉や礼状はその日の内か、あるいは翌日には行っておきたい所になっています。内祝いを送る時期としては引っ越してから1カ月から2カ月程度がいいとされています。
万が一漏れ等がない様に新築祝いを頂いた方の名前や住所はリストにしておくと、いざという時にスムーズに事を運ぶ事が出来ると思います。
さて、それでは水引は金銀か赤白の蝶結びの物を使って行きます。水引の結び方には意味があり、蝶結びは新築や出産等の何度あっても良いとされる事に使われます。
何故かと言うと蝶結びはほどいて、結ぶ事が出来るから等と言われています。逆に結び切りは結婚や病気の際のお見舞い等の2度と繰り返しがない方がいい時に使われます。
これは結び切りが一度結んだらほどけないからと言われています。のしには内祝や新築内祝として行き、下には贈る方の姓等を書きます。以上が、新築祝いのお返しの解説になります。

ホーム RSS購読 サイトマップ