新築祝いの贈り方について

新築祝いの贈り方について

新築祝いの胡蝶蘭の贈り方

新築祝いに何を贈ろうか迷っている方は先方の趣味にもよりますが、胡蝶蘭を贈る事を検討しても良いと思います。
何故、胡蝶蘭が良いのかと言うと華やかな見た目の花であり、幸福が飛んでくると言う花言葉を持っているので、新築祝い等をする時に贈ると喜ばれやすいと言う事が挙げられます。

 

また、香りが少なかったりするのも特徴となっています。贈る際に気を付けたいのが、新築祝いの場合はリボン等の装飾に赤色を使用する事は避けた方が良いと言う事です。
赤色は火事を連想させると言うのが、その理由となっています。花の色に関して言えば相手の好みに合わせて置きたい所だと言えますが、比較的無難とされているのは白色があります。

 

勿論、この他にもピンク等もあるので、色々見ておくのも良いと言えます。また、あまり大きな物を贈ってしまうとその分飾るスペースが必要になるので、相手の事を困らせてしまう事も考えられます。
出来れば邪魔にはならない様な大きさの物を選ぶ事を心掛けて行きたい所です。それでは新築祝いに胡蝶蘭を贈る時期はと言うと、先方が入居をされたらすぐに贈った方が良いとされているようです。

 

新築祝いにふさわしい胡蝶蘭を販売しているネットショップ

 

少なくとも1か月以内に贈るとされているようです。それでは新築祝いに贈る胡蝶蘭の相場としては友人の場合は5千円から1万円、兄弟の場合は1万円から3万円、仕事関係者は5千円から3万円となっております。
これはあくまで目安なので相手との関係の深さ等によって変わる事もあります。新築祝いの贈り物としては胡蝶蘭以外も様々な物があるので、相手の方が何が喜ぶかを考えてみたりする事もおすすめします。
その時には新築祝いには避けた方がいい贈り物等もあるので、確認をしてみた方が良いと言えます。

 

新築祝いを贈るタイミング

新築祝いを贈るタイミングは、どうすればいいのか悩む方も少なくないと思います。
よって、今回は新築祝いを贈るタイミングついて解説して行きます。
良いとされているタイミングは新築披露に参加した際に、贈る事になっています。

 

贈る時には出来れば他の人の見ていない所で贈るといいとされています。この際は新築披露に招待をして頂いた方等に渡したりするようです。
もし、新築祝いのサイズ的な問題で持って行く事が難しいのであれば、新築披露の前日等の届くように手配をしておくと良いと思います。
しかし、新築披露の知らせを受けた時に日程に余裕がなかったりすると、当日に持って行く事が出来ないと言う場合もあります。そのようなケースには手みやげ等を
用意をして、後から贈ると言うのを伝えるのも一つの手段です。この場合は新築披露が終わったら、早めに贈る事を心掛けて行きます。
あまり遅くならない様に注意をして、少なくとも1カ月以内には贈られた方がいいとされています。

 

それでは新築披露に都合があり、参加できない場合等はどうすればいいのか説明します。この様な場合は新居が完成したら、早い段階で贈るといいです。
新居が完成してから半月程度には贈った方が良いとされていましたが、近頃では入居をしたばかりだと相手の方も何かと忙しいと言う場合も考慮をして、
1か月から2カ月以内は贈っても良い時期とされる場合もあるようです。また、新築ではなく、中古マンションを購入した場合等は引越し祝い等となると言うのは、知っておいた方がいいです。
新築祝いを贈るタイミングは相手の立場に立って配慮をして行く事も大切だと言えます。マナーも重要ですが、そう言った意識も忘れないでおきたい所だと言えます。

 

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ